日伊文化交流協会IROHA芸術会員の紹介
日伊文化交流協会IROHA芸術会員の紹介


 

 

七五三

七五三(しちごさん)とは、男の子は5歳、女の子は3歳と7歳の年の11月15日に、成長を祝って神社・寺などに詣でる年中行事。もともと関東圏における地方風俗であったものが全国に広まった。本来は数え年による七五三だが、現在は満年齢で行われる場合が多い。

由来と現状

旧暦の15日はかつては二十八宿の鬼宿日(鬼が出歩かない日)に当たり、何事をするにも吉であるとされた。また、旧暦の11月は収獲を終えてその実りを神に感謝する月であり、その月の満月の日である15日に、氏神への収穫の感謝を兼ねて子供の成長を感謝し、加護を祈るようになった。近世までの日本は、現在の開発途上国と同様の原因(栄養不足・健康への知識不足・貧困など)で乳幼児が成人するまでの生存率が低く、その様な事からも七五三は、乳幼児が無事に成長した節目の祝いとして定着した。明治改暦以降は新暦の11月15日に行われるようになり、さらに現在では11月15日にこだわらずに、11月中のいずれかの土日・祝日に行なうことも多くなっている。北海道等寒冷地では、1か月早めて10月15日に行なう場合も多い。 3歳は髪を伸ばす「髪置(かみおき)」、5歳は初めて袴をつける「袴着(はかまぎ)」、7歳は、それまでの紐付きの着物に代わって、本仕立ての着物と丸帯という大人の装いをする「帯解(おびとき)・紐落(ひもおとし)」の名残りである。現代では正装に準じた衣装(晴れ着)で臨み、洋服の場合もあるが、特に女子は和服の方が一般的。少女(極稀に少年)は、この時に初めて化粧をして貰う場合が多い。 奇数を縁起の良い数と考える中国の思想の影響もあるが、三歳=言葉、五歳=知恵、七歳=歯を神から授かる事を感謝とする地方や、三歳、五歳、七歳は子供の厄として、七五三を一種の厄祓としている地方もある。また変った所では福岡県で4~5歳で「ひもとき」、7歳で「へこかき」(少年)/「ゆもじかき」(少女)(いずれもふんどしや湯文字といった成人仕様の下着を初めて身につける)を行う地区がある。あるいは千葉県、茨城県地方のように、七五三のお祝いをホテルなどで結婚披露宴並に豪華に開催する場合もある。

千歳飴

七五三では、千歳飴(ちとせあめ)を食べて祝う。千歳飴は、親の子供に対する長寿の願いを込めて、細く長くなっており(直径約15mm以内、長さ1m以内)、紅白それぞれの色で着色され、鶴亀(つるかめ)や松竹梅などの縁起の良い図案の描かれた千歳飴袋に入れられている。 その由来は、江戸時代の元禄・宝永の頃、浅草の飴売り・七兵衛が売り出したのが始まりとされている。 千歳飴の製法には地方ごとに形状や色が異なる。関東の千歳飴は水飴と砂糖を材料とし、鍋の中で140度程度の熱に達するまで煮詰めたのち鍋から取り出して平たくのばして冷却する。柔らかい塊状にまとまった飴に均等に空気を混ぜるために飴の塊を棒に引っ掛け、引き伸ばしながら何層にも折り返す製白機と呼ばれる機械に掛ける。この工程により透明の飴の中に無数の空気の細い隙間が生じ乱反射して白く見えるようになり、千歳飴独特の舌触りの食感が生まれる。まだ熱を帯びた飴の塊を製白機から外し、手または機械で細長く伸ばし、平たい台の上で転がして均等な太さに成形し、適当な長さで切り口が欠けないように包丁を用いて叩くようにして切断する。 伝統や格式を重んじる菓子屋では以上の手順を経て作った千歳飴を神社に納め、お祓いを受けてから店頭に並べる。

© IROHA 2019

IROHAでは、芸術会員を募集しています。詳しくは会員申し込みページをご覧ください。