日伊文化交流協会IROHA芸術会員の紹介
日伊文化交流協会IROHA芸術会員の紹介


 

 

敷松葉

連歌、連句、俳句で、句の季節を示すために読み込むように定められた語。例えば鶯は春の季語、金魚は夏。季題、季の言葉とも言う。

庭などに生えたせっかくの美しい苔などが、霜に損なわれないように松の枯れ葉を敷いて保護する。また美しい庭園に雅致を添えるために枯れ松葉を敷きつめたものもいう。


© IROHA 2022

IROHAでは、芸術会員を募集しています。詳しくは会員申し込みページをご覧ください。