日伊文化交流協会IROHA芸術会員の紹介
日伊文化交流協会IROHA芸術会員の紹介


 

 

寒露 - 霜降

二十四節気は中国の戦国時代の頃、太陰暦の季節からのずれとは無関係に、季節を春夏秋冬の4等区分する暦のようなものとして考案された区分手法のひとつで、一年を12の「節気」(正節とも)と12の「中気」に分類し、それらに季節を表す名前がつけられている。

本来の二十四節気は中国の中原を中心とした地域の気候をもとに名付けられており、日本で体感する気候とは季節感が合わない名称や時期がある。日本ではこのような事情を補足するため、二十四節気のほかに、土用、八十八夜、入梅、半夏生、二百十日などの「雑節」と呼ばれる季節の区分けを取り入れた。なお、二十四節気や雑節は、旧暦に追記されて発行されていた。

これらは現在でも農事暦や旬を楽しむ生活暦として使われ、新暦における日付とは異なるわずかな季節の変化、すなわち微妙な季節感を感じ取ることが出来る。

日本は明治5年(1872年)以降、太陽暦をもとにしたグレゴリオ暦(いわゆる新暦)を採用したため、二十四節気の日付は毎年ほぼ一定とはなった一方、新暦は旧暦に対し、年初の定義の違いから来る日付のずれが発生することから、いわゆる「月遅れ」が生じることとなった。 この結果、例えば旧暦では「秋」であった「文月(7月)」が新暦では「夏」になったり、7月9日頃から8月11日頃までであった二百十日が新暦9月1日になったり、ボンの節会を行う時期が地域によって新暦7月と新暦8月に別れたりするなど、月遅れによるそれまでの慣習との相違が発生しているほか、また上述のような元々の中国風の定義も絡み、現在でも若干の違和感が存在することから、日本のメディアでは「暦の上では」 と前置きして説明されることがあるが、その暦は旧暦を指している。

寒露(10月8日頃)

夜が長くなり、露がつめたく感じられるころ。ツバメと入れ違いに、雁が来たから渡って来る頃でもある。その年初めての雁を初雁と呼ぶ。10月は栗が旬を迎える。日本産の栗はヨーロッパ産よりも大型でずっしりと身が詰まっている為、栗ご飯や甘露煮に向いている。

霜降(10月23日頃)

朝晩の冷え込みがさらに増し、北国や山里では霜が降りはじめるころ。露が霜に変わり、冬の足音が近づいている。10月末になると降る通り雨を時雨と呼び、初時雨は人間や動物たちが冬支度を始める合図と言われる。また、この頃紅葉や蔦が色づき始める。


© IROHA 2021

IROHAでは、芸術会員を募集しています。詳しくは会員申し込みページをご覧ください。