日伊文化交流協会IROHA芸術会員の紹介
日伊文化交流協会IROHA芸術会員の紹介


 

 

小正月

連歌、連句、俳句で、句の季節を示すために読み込むように定められた語。例えば鶯は春の季語、金魚は夏。季題、季の言葉とも言う。

1月14日の夕べから15日にかけて祝う正月。元旦の大正月に対する呼び名。望(満月)の日を正月として祝った古い時代の名残で、餅をついたり団子、または小豆粥を作って祝う習慣が残っている。
また、この日の前後、正月飾りやダルマを焼くどんど焼きが行われる。


© IROHA 2023

IROHAでは、芸術会員を募集しています。詳しくは会員申し込みページをご覧ください。