パッチワーク教室 - 文化行事・展示会
パッチワーク教室 - 文化行事・展示会


 

 

パッチワーク教室

(2019年09月19日 - 2019年12月05日)

世界のパッチワーク界で和裁文化が活躍!

世界的に見て、パッチワークの分野でもコンテスト受賞者の多くが日本人が占めています。それは、昔からの和裁のテクニックが身についているからに他なりません。和裁は着物を縫うだけではありません。和裁のテクニックは、パッチワークの世界でも大いに役立ちます。

いろはでも、和裁教室と並行してパッチワーク教室も開催! 道具、縫い方の説明から丁寧にいたします。

初回は、道具やパッチワークに必要なテクニック(ピーシング、アップリケ、キルティングなど)の説明。その後に基本的な技術を使った練習をします。2回目以降は、上記3つの基本テクニックのうち一つを使って、簡単な作品を作り始めます。どれを使うかは参加者が選ぶことができます。

日時:9月19日、10月10、24日、11月7、21日、12月5日。全て木曜日午前9時半〜13時(到着、退出時間はご相談ください)

場所:いろはテルメ教室(Via delle Terme, 9, Firenze)

参加費用:各回30ユーロ(月額50ユーロ);会員でない方は、参加料金にいろはの会費が加わります。(12ヶ月で25ユーロ。または4ヶ月で10ユーロ:申し込み日から有効です。)初回材料費:10ユーロ。

申し込み締め切り:開催日の4日前

堀内かずよ先生の紹介

小さい頃から縫い物や編み物が好きで、それが高じてフィレンツェに2005年から2013年まで手芸店を出す。2012年には、国際キルトコンテストの伝統部門(すべて手縫い)で優勝。2014年にはイタリアキルトコンテストの伝統部門(すべて手縫い)で準優勝。今年は、”Coccole Liberty"というパッチワークの本をコッラド・テデスキ出版社から出版しました。

お申し込みはこちらへ

 

IROHAでは、芸術会員を募集しています。詳しくは会員申し込みページをご覧ください。